ホーム>バラの歴史>バラはキリスト教の花となる
  • ホーム
  • 品種で選ぶ
  • シチュエーションから選ぶ
  • サイズから選ぶ
  • ご利用ガイド
  • ブログ
バラの歴史

バラはキリスト教の花となる

最初の頃のキリスト教指導者は、バラの花は他の宗教のヴィーナス崇拝やローマ人のドンチャン騒ぎの時に使われた花ということで、宗教的な意味での象徴的な花とは思っていなかった。しかし、ローマ帝国が滅びてからは、キリスト教の象徴花として注目し始めました。特に聖母との関連は蜜になり、色々な伝説も生まれました。赤いバラはキリストの血をイメージして殉教の象徴、白いバラは聖母マリアをイメージし、純潔の象徴として使われる用になった。修道院でバラがよく植えられているのはこんな理由です。アダムの伝説の中にもバラが登場します。理想郷に咲いていたバラは初めはトゲがついていなかった。しかしアダムが理想郷を追われるとき、神様は冒した罪を忘れないようにトケを付けたと謂われます。又理想郷がどんなに良いところであったかを覚えているょうに、美しい姿と香りを付けた。中世では香りのよいバラは官能をそそるとして、栽培を禁止したこともある。

  • 5000円以上で送料無料
  • メールでのお問い合わせ
  • お花の鮮度を保ってお送りします
  • バラの花言葉
  • バラを長持ちさせるには

信州清花園

sample
こんにちは!園主の牛山です。
信州静花園は昭和12年より菊の栽培
から始まりました。冷涼な気候と豊富
な日照で栽培された菊は高品質と注目
され、カーネーション、バラと栽培の
幅が広がって行きました。
現在は、長野県を中心に様々な方へ、
丹精込めて育てたバラを贈っています。

  • ブログ
ページ上部へ