ホーム>バラの歴史>ばらの歴史
  • ホーム
  • 品種で選ぶ
  • シチュエーションから選ぶ
  • サイズから選ぶ
  • ご利用ガイド
  • ブログ
バラの歴史

ばらの歴史

ばらの歴史 まばゆいばかりに輝き 気品にあふれ誰からも愛され(花の女王)と言われる花バラ新しい品種も次々と作られ一説には2万種以上は作られだろうととも云われています。いつごろから地上に表れたかのかなど、詳しくわ分かっていません。現在のところアメリカのオレゴン州で発掘された岩石の中から出た化石にバラが発見された。地層から3500万年から3200万年前に存在したことが分かっています。人間がバラの栽培を始めたのは、文明の発生と同時。紀元前3000年頃中央アジア(ティグリス川ユーフラテス川流域)にメソポタミア文明が発達しました、パビロニア帝国や古代エジプトの遺跡などには、すでにバラの絵が刻まれていました。『バビロンの庭園』でも、イチジクやブドウとともにバラが栽培されたと言われています。書物として残っているものでは、メソポタミアのシュメール民族が書いたものに、初めてバラという文字が見られます。

  • 5000円以上で送料無料
  • メールでのお問い合わせ
  • お花の鮮度を保ってお送りします
  • バラの花言葉
  • バラを長持ちさせるには

信州清花園

sample
こんにちは!園主の牛山です。
信州静花園は昭和12年より菊の栽培
から始まりました。冷涼な気候と豊富
な日照で栽培された菊は高品質と注目
され、カーネーション、バラと栽培の
幅が広がって行きました。
現在は、長野県を中心に様々な方へ、
丹精込めて育てたバラを贈っています。

  • ブログ
ページ上部へ