ホーム>バラの歴史>バラは江戸時代の浮世絵にも使われていた。
  • ホーム
  • 品種で選ぶ
  • シチュエーションから選ぶ
  • サイズから選ぶ
  • ご利用ガイド
  • ブログ
バラの歴史

バラは江戸時代の浮世絵にも使われていた。

中国から原種のバラが伝えられたのは、唐の時代と云われているが、日本にも自生のバラがあり代表的なものにイノバラ、東北や北海道の海岸に自生しているハマナス(ハマナシ)その他、ノイバラ、テリハノイバラ アズマイバラ オオタカネイバラ サンショウバラ ナニワイバラ 等が知られている。イギリスでは日本バラ フランスではカムチャッカ・バラ万葉集の中に名前を見つけることができる、浮世絵の中にも描かれている、蕪村の句「花いばら故郷の路に似たる哉」 一茶の句「茨の花ここをまたげと咲きにけり」も有名。江戸時代には、すでにバラの鉢植えを楽しんでいた。日本で本格的に西洋のバラを栽培し始めたのは、1870年(明治3年)和歌山の山東一郎詩めりかから450種類の苗を買ったのが最初と云われています。明治38年ころまでバラの栽培は盛んにおこなわれ、珍しさも手伝って品評会も各地で盛んに開催されたようです。当時品評会は、盆栽と同じように思われていた。家庭でバラの花が飾れるように温室で切りバラ栽培が始まったのは大正11年と云われている。しかし このころは高根の花で家庭でバラの花を楽しむようになったのは第2時世界大戦後アメリカ文化が広まってからです。現在は日本の花も生まれ、世界で有名になった品種も多々あります。

  • 5000円以上で送料無料
  • メールでのお問い合わせ
  • お花の鮮度を保ってお送りします
  • バラの花言葉
  • バラを長持ちさせるには

信州清花園

sample
こんにちは!園主の牛山です。
信州静花園は昭和12年より菊の栽培
から始まりました。冷涼な気候と豊富
な日照で栽培された菊は高品質と注目
され、カーネーション、バラと栽培の
幅が広がって行きました。
現在は、長野県を中心に様々な方へ、
丹精込めて育てたバラを贈っています。

  • ブログ
ページ上部へ