ホーム>バラの歴史>四季咲の大輪が生まれたのはフランス
  • ホーム
  • 品種で選ぶ
  • シチュエーションから選ぶ
  • サイズから選ぶ
  • ご利用ガイド
  • ブログ
バラの歴史

四季咲の大輪が生まれたのはフランス

四季咲の大輪が生まれたのはフランス 中国から渡った四季咲きのバラと、一季咲系きの大輪りバラであるハイブリット。パーペチュアルを組み合わせたのが、1867年フランス人ギョー。フランスノ象徴とも云うべき花はラ・フランスと名付けられたピンクのバラは、いまでも愛され続けています、さらに1900年には、黄色い大輪のバラ、ソレイユ・ドールがペルネ・デュッセによって開発された。この頃大部分がフランスのリヨンで品種作成されている。このころ品種改良されたバラは現在の品種の元になっています。新品種を生み出すためのバラを母バラという、このバラの善し悪るしで新品種の完成具合もちがってきます。

  • 5000円以上で送料無料
  • メールでのお問い合わせ
  • お花の鮮度を保ってお送りします
  • バラの花言葉
  • バラを長持ちさせるには

信州清花園

sample
こんにちは!園主の牛山です。
信州静花園は昭和12年より菊の栽培
から始まりました。冷涼な気候と豊富
な日照で栽培された菊は高品質と注目
され、カーネーション、バラと栽培の
幅が広がって行きました。
現在は、長野県を中心に様々な方へ、
丹精込めて育てたバラを贈っています。

  • ブログ
ページ上部へ