ホーム>バラの歴史>四季咲はアジア系
  • ホーム
  • 品種で選ぶ
  • シチュエーションから選ぶ
  • サイズから選ぶ
  • ご利用ガイド
  • ブログ
バラの歴史

四季咲はアジア系

ローザ.キネンシス呼ばれる。バラは英語名でチャイニーズローズ。中国原産種のバラで日本では『庚申バラ』『長春花』と呼ばれている。現在ある四季咲系のバラのルーツがこのバラでヨーロッパ渡るまではヨーロッパには四季咲系のバラは無かった。ローザ.キネンシスは、インデカ系トベンガル系に別れる。インデカ系は1766年から67年に中国の広東に滞在した英国人エケベルグが、この種子を本国に持ち帰ったのが最初と云われている。がもっと早い時期に渡ったという書物が有り、定かではない。ベンガル系も英国人で東インド会社の船長だった、ウイリアム.カーが、中国から輸入した。インドのベンガルにちなんで、この名があります、ヨーロッパでの四季咲の歴史は比較的新しいです。世界のバラのほとんどはアジア系のバラが交配されている。

  • 5000円以上で送料無料
  • メールでのお問い合わせ
  • お花の鮮度を保ってお送りします
  • バラの花言葉
  • バラを長持ちさせるには

信州清花園

sample
こんにちは!園主の牛山です。
信州静花園は昭和12年より菊の栽培
から始まりました。冷涼な気候と豊富
な日照で栽培された菊は高品質と注目
され、カーネーション、バラと栽培の
幅が広がって行きました。
現在は、長野県を中心に様々な方へ、
丹精込めて育てたバラを贈っています。

  • ブログ
ページ上部へ