ホーム>バラの歴史>花の色を目印にして戦ったバラ戦争
  • ホーム
  • 品種で選ぶ
  • シチュエーションから選ぶ
  • サイズから選ぶ
  • ご利用ガイド
  • ブログ
バラの歴史

花の色を目印にして戦ったバラ戦争

20121128115039.jpgばら戦争は、王位継承を争って、15世紀にイギリスで起きた戦争ヨーク家は白いバラ ランカスター家は赤いバラを象徴として戦った、30年間に続いた戦争で、10万人以上の犠牲者が出た。解決策として、1485年にランカスター家のヘンリー。チュードルがヘンリー7世となり、お妃としてヨーク家のエリザベスを迎えたいわゆるチューダー朝てす。王室の紋章も赤いバラと白いバラを組み合わせたものになった。この紋章をチュードル・ローズと呼び、現在も王室で使われている。

  • 5000円以上で送料無料
  • メールでのお問い合わせ
  • お花の鮮度を保ってお送りします
  • バラの花言葉
  • バラを長持ちさせるには

信州清花園

sample
こんにちは!園主の牛山です。
信州静花園は昭和12年より菊の栽培
から始まりました。冷涼な気候と豊富
な日照で栽培された菊は高品質と注目
され、カーネーション、バラと栽培の
幅が広がって行きました。
現在は、長野県を中心に様々な方へ、
丹精込めて育てたバラを贈っています。

  • ブログ
ページ上部へ