ホーム>バラの歴史>ナポレオンの皇后は初めて人工交配
  • ホーム
  • 品種で選ぶ
  • シチュエーションから選ぶ
  • サイズから選ぶ
  • ご利用ガイド
  • ブログ
バラの歴史

ナポレオンの皇后は初めて人工交配

バラの栽培に一番多く寄与したのは、ナポレオン皇帝のジョセフィーヌ皇后。彼女は1840年に250種類のバラを集め、マルメゾンの庭園を作る。ジョセフィーヌ皇后はアンドレ.デュポンという人に命じ初めて人工交配を行い独自の品種を作ったのもマルメゾンの庭園、1850年には4800種類以上のバラが発表された。現代バラ文化の元を作たともいえる。

  • 5000円以上で送料無料
  • メールでのお問い合わせ
  • お花の鮮度を保ってお送りします
  • バラの花言葉
  • バラを長持ちさせるには

信州清花園

sample
こんにちは!園主の牛山です。
信州静花園は昭和12年より菊の栽培
から始まりました。冷涼な気候と豊富
な日照で栽培された菊は高品質と注目
され、カーネーション、バラと栽培の
幅が広がって行きました。
現在は、長野県を中心に様々な方へ、
丹精込めて育てたバラを贈っています。

  • ブログ
ページ上部へ